再侵入を防ぐ|害獣駆除で快適ライフ|対策バッチリでセーフティな毎日

害獣駆除で快適ライフ|対策バッチリでセーフティな毎日

再侵入を防ぐ

スプレー

家の溝を埋めることで対策となる

鳩は町中どこにでもいる鳥です。人を恐れることなく、人家にも巣を作ります。人の作った家には盲点が多く、鳩が入れる溝が多く存在します。太陽光発電の屋上パネルと屋根の間にも格好の巣を作ってしまいます。鳩はそのような僅かな溝を見つけては営巣します。1度巣を作られると、毎年のようにやって来ます。野鳥は駆除しようにも、保護の法律で守られているので、駆除の許可がない限り殺したりはできません。住宅設備会社では、そのようなトラブルを回避するため、防護柵の取り付けのサービスを行っています。僅かな溝を埋めるのであれば、数千円の実費と手数料で済みます。大規模な工事が必要になる場合は、見積もりの上の工事作業となります。

鳩はなぜ駆除が難しいか

野生動物は鳥獣保護法という法律で守られています。一般の人が鳩をむやみに駆除できないのはそのためです。以前、糞害が深刻であるとして駆除に踏み切った自治体もありましたが、その効果は認められませんでした。地域の鳩を駆除しても、そこに餌となる物や居住環境が整っている以上、他の場所から飛来する個体が後を絶たないためです。そこで、効率的に鳩の数を減らしていくために、色々な方策が取られるようになりました。その一番良い方法として、営巣環境を与えないという考え方が生まれました。公園の樹木を必要以上に茂らせないなど、徹底して営巣環境を減らした結果、地域の鳩の個体数は減少に転じたといいます。今後は、自分の住宅に巣を作らせない様、工夫をすることが大切です。